日々の生活を綴るブログ

安全でおいしい水が飲める幸せ、ウォーターサーバーがある生活

2017年04月09日 22時28分

1日のうちに何度も摂取する水。人間は水分なしでは生きていけませんから、
「安全な水を確保する」ということは、すなわち「安全に生きる」ことにつながります。


水の摂取どうされていますか?私は実体験として、飲み水の確保を、水道水のみで1ヶ月、ペットボトル入りの飲料水で1ヶ月、
ウォーターサーバーで1ヶ月と試し飲みをしたことがあります。

水道水とペットボトルの水のそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。
 

水道水の良さ

まずは、水道水。最もコストを抑えることができる反面、
塩素臭が気になったり鉄臭さを感じることがありました。

2週間ほど経過してからは、喉の痛みやイガイガが発症しました。塩素による影響なのかもと思っています。

 

ペットボトルの水の良さ

ペットボトルの場合は、毎日新鮮な味を楽しめるメリットがあります。

ただ、開封する毎にペットボトルのゴミが出てしまうのが難点です。
環境問題やリサイクル意識が高まる昨今で、毎日積み重なっていくペットボトルのゴミを見るのは心が痛みました。

 

ウォーターサーバーの良さ

最後にウォーターサーバーですが、私はこれが最もおすすめできる方法です。

私の場合、ウォーターサーバー本体をレンタルして、水のボトルを定期的に宅配してもらっています。

水自体から塩素臭はせず、空ボトルは回収されるのでゴミも出ません。安全な水が毎日手に入る幸せを感じています。
いまではウォーターサーバーの種類もサービスも豊富になりました。

ご自身のニーズに合ったウォーターサーバーをはじめてみるのはいかがでしょうか?

このサイトのトップへ戻る